FXの恐怖について

FX

皆さんのFX(外国為替証拠金取引)に対するイメージはどんな感じでしょうか。「簡単に儲かる」「数分で大金が稼げる」といったイメージではないでしょうか。

 

しかし、私が思うFXのイメージは「恐怖」です。なぜなら、FXはレバレッジ(借金のようなもの)をかけて取引すると、ロスカットにより資金を一瞬で失う恐れがあるからです。

 

今回はそんなFXの恐怖について紹介します。

FXの恐怖

強制ロスカットが怖すぎる

強制ロスカットとは、評価損が一定水準に達したときに、さらなる損失の拡大を防ぐために自動決済をしてくれる機能です。

 

この強制ロスカットは取引所によって異なり、場合によっては入金額以上の損失が発生する可能性もあるそうです例えば、相場が急変動し強制ロスカットが間に合わない時や、FX会社のシステム異常で取引できなかった時などです。

 

儲けようと思って始めたのに、借金を背負う羽目になるとか怖すぎる。あくまで可能性の話しですが、リスキーであることには変わりありません。

 

レバレッジはハイリスク・ハイリターン

FXにおけるレバレッジとは、自分の持っている資金以上のお金を使用して取引できるシステムです。元手4万のレバレッジ25倍なら、100万円の取引が行えます。

 

しかし、レバレッジは借金しているのと同じ状態です。高いレバレッジをかけて取引すると、少しの値動きで強制ロスカットを食らい、結果大損することになります。

 

逆を言えば、数分で大儲けすることも可能な、夢のあるシステムです。私は小心者で大損することを考えてしまうので、レバレッジ取引には手が出せません。

 

常に値動きしているため気が抜けない

FXの取引時間は月曜日の早朝から土曜日の明け方までです。そして、その間は24時間取引できます。つまり、早朝であろうが夜中であろうが、値動きし続けています。

 

特に21時~6時の間はアメリカの参加者が参入し、為替の値動きは激しくなります。これは日本人が丁度寝ている時間帯です。

 

FXで本格的に儲けようと思うと、夜は寝ずに取引する生活になります。お金を稼ぐためとは言え、気が抜けない生活は精神的に辛いかもしれません。大損した日には、ショックとストレスで体壊しそうですね。

 

 

おわりに

強制ロスカットで大損した瞬間をまとめた動画を張り付けておきます。少し気になった方は是非視聴してみて下さい。

一瞬で大金が消え去ります。損切りすることがいかに大切か、身に染みて分かる動画ですね。ハイレバはほんと恐ろしい。

 

私はFXの口座は開設していますが、恐らく取引することはないでしょうな。ちなみにおすすめのweb漫画『FX戦士くるみちゃん』でもFXの恐ろしさが分かるので、是非とも呼んでみて下さい。

 

最後まで見て頂きありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました