5Gが株式市場の中心に!おすすめの銘柄を紹介

5Gとは「5th Generation」の略語で、4G(第4世代携帯電話)の上位互換になります。この5Gにより、交通、移動、物流分野などのあらゆる分野での活躍が期待されています。

 

5Gは2020年から実用化が検討されている次世代通信システムなので、もうじき活用されると思われます。そこで今回は、5G関連銘柄を紹介したいと思います。

おすすめ5G関連銘柄

NTTドコモ

携帯電話で国内最大手(シェア4割強)。2019年の新料金プランで大幅な減収減益になると発表していますが、5Gによる起死回生に期待しています。ちなみに私はドコモをずっと愛用しているので、個人的には応援したい企業です。ドコモダケの加護を信じろ!

 

ソフトバンクG

最近では、ソフトバンクGが筆頭株主の米ウーバーが上場申請したりと、何かと注目を集める銘柄です。孫正義の更なる進撃に期待したいところ。最近上場したソフトバンク[9434]も合わせて監視しておきましょう。

 

KDDI

通信では、au新プランの影響で減収してしまいました。が携帯や光回線の展開、物販などあらゆる分野で5Gが活躍するので、今後の動向が気になります。ちなみにKDDIと東芝は、5G時代の「グローバルIoT」で協業したので、東芝も監視対象です。

 

楽天

最近になって携帯電話事業に参戦した三木谷率いる楽天。ネット事業に強いので、5G投入でさらに成長していくと予想します。4番目の(携帯事業の)海の皇帝に果たしてなれるか⁉今なら株価も安いのでおすすめです。

 

富士通

ITサービスとサーバーで国内首位の大企業。スウェーデン通信機器大手のエリクソンと、5G向け基地局の開発・販売で提携しました。国内ではNTTドコモ向けの事業が中心なので、将来はグローバル展開を目指したいと社長は思っている模様。世界の富士通になれるか⁉

 

村田製作所

次世代高速ワイヤレスネットワークの構築に必要な大容量通信を可能にする製品を量産しました。この製品は、5Gを含む携帯電話の基地局間通信、Wi-Fiホットスポット間通信などでの活用が期待されているそうです。製造メーカーの大手なので、今後も更なる製品に期待して株価も上昇していくと思われます。

 

三井金属鉱業

三菱UFJモルガン・スタンレー証券に「セクター内で最も5G恩恵を享受できる銘柄」として紹介されたことで注目されています。その要因として、基地局向け高機能箔や5G対応端末の極薄銅箔が好材料になっています。再び急上昇すれば一攫千金ですね。

 

 

おわりに

5Gは通信の高速化だけでなく、身の回りのありとあらゆるアイテムがワイヤレスでネットワークに繋がります。5Gにより私たちの生活も便利になるでしょう。

 

また5Gの経済効果について様々な研究所で試算が行われており、2023年には30兆円にまで上ると予測されています。そうなれば5G関連銘柄の株価も上昇していくでしょう。今後は株式市場の中心となっていくので、監視して動向を見守りましょう。

 

最後まで見て頂きありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました